記事

プロコーチが教える、安心感を与える聞き方「傾聴」と「ペーシング」

クライアントとの対話を通して目標達成を支援するコーチングにおいて、クライアントに安心感を与えることはとても重要です。

そんな対話のプロであるコーチングでは、意識的に用いるいくつかの技法があります。
今回は“聞く”ための技法として「傾聴」と「ペーシング」についてご紹介します。

1、傾聴

傾聴とは単に「話を聞く」だけにとどまらず、クライアントの話に耳を傾け、話しの内容に向き合うことを意味します。

クライアントから発せられる言葉だけでなく、その言葉の背景や、話す態度や表情、声色など非言語な情報にも意識を向けながら聞く点で、単に「話を聞く」こととは意味も意識も異なります。

また傾聴をするときは、話を途中で遮ったり、話の結末を予想して聞いたりしてはいけません。
自分の先入観を持ち込まず、真摯にクライアントだけに意識を集中させます。

傾聴は簡単なようでとても奥が深いものです。
特に意識すべき点は以下の通りです。

 

a、「聞く」ことだけに集中する

「相手の本心を聞き出そう」などこちらの目的を頭の中から排除して、ただ「聞く」ことだけに集中しましょう。

また相手が話しているときに、会話を遮ったり、会話を断ってしまうような行動は慎みましょう。

 

b、最後まで聞く

多くの人は、話の結末を予想しながら、相手の話を聞いてしまいます。
そこで、まずは意識的に「最後まで口を出さない」で話を聞いてみましょう。

ただそれだけのことですが、相手は自分のペースで話ができ、「聞いてもらっている」という実感が沸きます。

 

c、ノンバーバル情報に注目する

ノンバーバル情報とは、会話というコミュニケーションの中の非言語な部分、つまり表情や姿勢、声のトーンなどがそれにあたります。

1,2のステップに慣れたら、是非ノンバーバル情報に注目してください。

 

ただし会話中に相手の顔を凝視してしまうと、相手に話しにくさを感じさせてしまいます。

相槌を打つときや、話の内容が切り替わったとき、相手が視線を外しているときなど、会話の区切りに合わせて注目するようにしましょう。

d、聞いているサインを出す

会話を遮らない、邪魔しないと注意してきましたが、会話を遮らない程度の「聞いているよ」のサインは必要です。

 

会話の邪魔にならない程度の相づち(うんうん、なるほど、はい…など)や頷き、目が合った時のアイコンタクトが有効です。

また話す内容によって、聞き手も表情を変えることも大切です。
ゆったりとほほ笑んだ顔や、真剣な顔など、相手の話しに同調した顔つきで臨みましょう。

(『ミラーリング』という技法がそれにあたります)

e、時に必要な沈黙

相手の話しに身をゆだねていると、沈黙してしまうことがあります。

この沈黙の時間が苦痛に感じてしまう人もいるかと思いますが、できるだけ話しに割り込まず、相手の次の言葉を待ちましょう

沈黙は相手が話す内容や順序など頭の中で整理している時間です。

万一、話しの内容が尽きてしまった様子であれば、相手の話した内容の中から話題を広げましょう。

 

2、ペーシング

ペーシングとは相手の波長に合わせ、同調することを意味します。
簡単に言うと、「ペースを合わせる」ことです。

 

ペーシングも傾聴と同様に、相手の話を遮ったり、先入観を持って話しを聞いたりせず、最後まで相手の話を聞き、受け止める姿勢が大切です。

 

ペーシングは言語と非言語の2種類に分類されます。

 

a、言語のペーシング

 

言語のペーシングでは、相手の「話し方」に合わせることを意識します。

話す内容やスピードを合わせることは勿論、会話中に使われる言葉は、できるだけ相手が口にした言葉を使います。

簡単にペーシングをするコツとしては「おうむ返し」を意識します。

 (例)「〇〇について、頑張りたいです」「〇〇について、頑張りたいんですね」

   「私は〇〇だと思うんです」「あなたは〇〇だと思うんですね」

また話しているときに使われる接続詞(だから/それで/でも/だから…など)を意識し、こちらも同じ言葉遣いで対話すると、より効果的です。

・会話の内容やスピード
・相手が使う言葉の繰り返し(おうむ返し)
・共通の話題
・言葉遣い
・相づち
・接続詞

 

b、非言語のペーシング

非言語のペーシングでは、相手の「呼吸」や「状態」に合わせることを意識します。

相手の肩の上下運動に注目すると呼吸ペースがわかります。

また、目の動きや顔の筋肉の動き、声のトーンや姿勢、手足の置き方など、相手の話しているときの状態に注目すると感情の起伏と熱量がわかります。

・声のトーン
・表情
・姿勢
・視線・アイコンタクト

 

3、まとめ

“聞く”機会は日常にいくつも存在します。

プロも実践している傾聴とペーシングの2つの技法は、話し相手に安心感を与え、緊張を和らげる効果が実証されています。

普段の生活の中でも意識的に傾聴とペーシングを行うことで、話し相手に安心感を与え、自然とあなた自身が「話しやすい人」だという認識が広がっていくでしょう。

 

Share: